わくわくエジプト

エジプトと日本が大好きな人に送るミニ情報

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



→読んだらクリック!人気blogランキングへ


このページのトップへ

鳥インフルエンザ

こちらに住んでいるとこういうものが大使館からメールで送られてきます(下のほうにメールの一部を抜粋) 結構日本人としては当たり前のことが書いてある。エジプトでは鶏肉屋さんが生きた鶏を扱っているので、一般的な注意の2番目はちょっと注意に値するように思うけど、手洗い・うがいは、普通の風邪にかからないためにも大切! 死んだ鳥に触るってことも考えられない。鳥インフルエンザがあろうと無かろうと、こんなシチュエーションが起こることは考えにくい。 ということで、あまり神経質にならずにウワサに惑わされず、「常識的に」生活することにしています。 それにしてもSARだとか鳥インフルエンザだとか映画の「アウト・ブレイク」そのものだなぁ・・・。 (一般的な注意点)

* 手洗い、うがいなどの通常の感染症予防対策を励行すること(手洗いは石けんを使い流水でしっかり洗うこと)。

* 鶏舎やアヒルなどの鳥を放し飼いにしている場所や生きた鳥を扱う市場へは無警戒に立ち寄らないこと。

* 野鳥を含め、死んだ鳥や病気と思われる鳥には決して触れないこと。

* 健康管理に努め、もし、頭痛、関節痛、筋肉痛などインフルエンザと似た症状が現れた場合には、早めに医療機関にて診察を受けること。


(鶏肉や卵を料理する際の注意点)

* 料理するときには、鶏肉や卵から出る汁と生で食べる食物が混ざらないようにすること。

* 鶏肉や卵を料理した後は、石けんで手をよく洗うこと。

* 鶏肉や卵は十分に加熱調理すること(鶏肉はピンク色の生焼けの部分がないようにし、卵は黄身まで十分に加熱すること。ウイルスは卵の殻だけではなく、黄身や白身にも含まれているため、十分加熱(70度以上)すること。決して生や半生で食べないこと)。

* H5N1型ウイルスは低温でも長期間生き続けるため、冷凍や冷蔵の鶏肉料理の際も、生肉を料理する時と同様の注意を払うこと。

スポンサーサイト



→読んだらクリック!人気blogランキングへ


このページのトップへ

コメント



コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://wakuwakuegypt.blog17.fc2.com/tb.php/43-05fb8cf0

アヒルアヒル(鶩または家鴨、英名:Duck)は、カモ科のマガモから人為的に作り出された家禽(かきん)で、水鳥である。(マガモは真鴨、アイガモは合鴨).wikilis{font-size:10px;color:#666666;}Quotation:Wikipedia- Article- History

  • 2007/09/10(月) 06:58:39 |
  • バードウォッチング-鳥侍屋
このページのトップへ
[previous 5]
[previous]
EGYPT FAN
This site owned
by エジプトのながれ星
EGYPT FAN バナー [random]
[list]
[join]
[next]
[next 5]

Search!


カイロの天気

Click for Cairo, Egypt Forecast

カイロで日本映画を観る!

エジプト土産

エジプトへGo!

日本から愛しい人へ

新刊 エジプト関連

暇だなぁって思ったら

Categories

便利

Links

エジプト関連のページ

エジプトに触れる

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Calendar

05月 « 2017年06月 » 07月
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Archives

管理者情報

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。